【2021年コロナ不況と事業性評価時代の中小企業の経営戦略】

【2021年コロナ不況と事業性評価時代の中小企業の経営戦略】
無料セミナー申し込みフォーム

 

お名前とメールアドレスをご記入後「次へ」のボタンを押して、内容確認後、「送信」ボタンを押していただければ、無料動画のURLを自動返信メール及び、この申し込最後のページにてお知らせいたします。

*ご登録頂いたメールアドレスは下記プライバシーポリシーに沿って運用させていただきます。

【2021年コロナ不況と事業性評価時代の中小企業の経営戦略】

  • 貴方の会社は、2021年の不況下での資金繰りの為に金融機関は追加融資をしてくれそうですか?
  • 貴方の会社は、この苦境の本業の中でも新たな収益源、挑戦できるビジネスモデルを見つけていますか?
  • 貴方の会社は、コロナ融資の据え置き期間が終わった後、返済できる収益の根拠がありますか?

もし、この答が見つからないなら、「現在事業の再分析」が必要です。

難しい事ではありません。

貴方の会社が持つ「強み」や「リソース」をいろいろな角度から見直し、このコロナ不況でも「使える強み」を再定義することです。

そして、小さな市場・ニッチな市場・特定の人しか興味を示さない市場に、その「使える強み」をぶつけて、「小さなUSP(独自のウリ)」を見出す事です。

そうすることで、売り上げ規模は小さくても、値下げ競争などのレッドオーシャンから、利益率の取れるブルーオーシャンで勝負が出できます。

しかし、多くの中小零細企業の経営者は

「思い込み」

「大手の追随」

「変なこだわり」

「自社の優位性を表面的にしかみない」

そして「自社ではできない」

と最初から諦めています。

ところが、しっかりした「SWOT分析」メソッドで自社の分析を行うと、違い世界が見えてくる事をあまり知りません。

「そうか、ウチの〇〇の強みは、こういう使い方をすれば、新規客へアプローチできるのか」  「ウチの商品や顧客では、じり貧ばかりで良いことなんて何もないと思っていたが、〇〇の小さな市場なら可能性はあるな」  「どうして早くこんな〇〇のニーズの特定顧客に対応してこなかったのか。もっと早くすればコロナでも問題なかったのに・・」

「2021年 コロナ不況と事業性評価の時代の中小企業の経営戦略」(3部合計90分)

では、「中小企業のSWOT分析の第一人者」と呼ばれ、240事業所以上のSWOT分析指導、数々の中小零細企業のUSPづくりとダイレクトマーケティング指導や「事業の選択と集中」のコンサルティング、また金融機関を説得する「根拠ある経営計画書」作成支援の経験から生まれたノウハウをご紹介しています。

この無料動画の内容は下記です。

第1部「ニッチ」と「強み」で独自性を広域展開する中小零細企業なら金融機関は見放さない?

第1部 「ニッチ」と「強み」で独自性を広域展開する中小零細企業なら金融機関は見放さない?

  1.  当然将来返済見込みのない企業には今後は貸さない、貸せない
  2.  しかし事業性評価融資には期待
  3.  概念的なロカベンの定性評価に疑問?
  4.  独自の「強み」はどこから導き出されるか?
  5.  コロナ禍でもなくならない「ニッチ市場」で収益を上げる、広域展開する
第2部  コロナがチャンス 減収創益・ダウンサイジングで会社をスリム化

第2部 コロナがチャンス 減収創益・ダウンサイジングで会社をスリム化

  1. 固定費の少ない「減収創益企業」を作る
  2. 戦略的リストラで「固定費削減」
  3. 部門SWOT分析でIT化、アウトソーシング化、脱人化
第3部  上っ面な「SWOT分析」では固有の戦略は生まれない。やるなら本物のノウハウで

第3部 上っ面な「SWOT分析」では固有の戦略は生まれない。やるなら本物のノウハウで

  1.  事業性評価にSWOT分析が必須課題に、しかし…
  2.  抽象的なSWOT分析がまかり通る現実
  3.  即効で成果が出る実践SWOT分析と経営計画書フレームと書き方、実例紹介

この無料動画に、2021年の経営戦略のヒントが隠されています。

是非申し込みフォームからご登録いただき、早くこの動画をご試聴ください。

そして、早くSWOT分析を行い「根拠ある経営計画書」を作成し、金融機関へ交渉を始めましょう。

概念論ばかり学習しても、前進しません。

今必要なのは、「具体的な分析と小さく攻める根拠戦略」を見出し、アクションプラン化することです。

ご登録はページトップの申込みフォームより行ってください。無料動画のアドレスをすぐに確認できます。

㈱アールイー経営代表の嶋田利広がサポート

株式会社アールイー経営 代表取締役

嶋田 利広

  • 経営コンサルタント歴35年(2020年) 360社の経営を支援 
  • 「中小企業のSWOT分析の第一人者」と呼ばれ、指導実績230事業所、関連書籍6 冊(累計5.5万部を超える)累計12冊をリリース。
  • 九州(福岡・熊本・鹿児島)を中心に毎月12~15社の中小企業、病院や介護施設、認定支援機関の会計事務所の経営顧問
  • 不況期の経営戦略コンサルティングで「バブル後」「リーマンショック」「東日本大震災不況」時のSWOT分析を活用した中小企業の事業再構築と業務抜本見直しの実績多数
  • 毎年100名以上が受講する「SWOT分析スキル検定」「経営承継戦略アドバイザー検定」を主宰
  • 北海道、九州両財務局で金融庁職員、地域金融機関幹部向けに「SWOT分析と経営計画書」の指名講演
株式会社アールイー経営 代表取締役 嶋田 利広
事業再構築 0011.jpg 0010.jpg 22046673_1428270780613099_770256432537489056_n.jpg 0002.jpg

 

0003.jpg syoseki00445 0009.jpg
0005.jpg
0001.jpg
RE経営

株式会社 アールイー経営
〒860-0833
熊本市中央区平成3丁目9番20号2F
電話番号 090-334-5777 FAX番号 096-334-5778
代表者 代表取締役 嶋田 利広
https://re-keiei.com/