経営承継戦略アドバイザー検定初級コース

経営承継「可視化」を指導する
「経営承継戦略アドバイザー」のノウハウ習得事項

(1)事業承継50のチェックリストによる現状認識
(2)経営承継10年カレンダーの作成でロードマップの一覧化
(3)SWOT分析を使った中期経営戦略・計画を指導
(4)会長、社長、同族、非同族役員幹部の役割責任の文書化
(5)経営者から後継者への職務権限移譲計画の明文化
(6)現経営者の経験、経営判断基準の具体的明文化
(7)経営計画・承継計画の進捗、経営課題のモニタリング

一般の会計事務所、生保営業、金融機関などの「事業承継」の提案とは全く違う角度のノウハウとコンテンツを提供できる専門家が 【経営承継戦略アドバイザー】である

「経営承継戦略アドバイザー検定」とは

  • 経営者、後継者と協議しながら、経営承継の「可視化」を第3者として「文字化」「文書化」「図形化」するスペシャリストの育成
  • 経営承継の『可視化』を知識と実例を学習し、ファシリテーション技術と使って、現経営者、後継者の合意形成を支援する技術を高める
  • ロールプレイングを通じて、「ヒアリング」しながら、各種「可視化」フレームに記入する技術を身につける(シニアコース)(シニアコースの場合3日間のロープレ研修で「ヒアリング」「文書化」技術を磨き上げる)
  • 経営承継の「可視化」実例やツールを活用する権利を有し、現場で実践できる
  • 経営承継戦略アドバイザー検定」合格者は、「経営承継」「組織承継」「戦略承継」の外部専門家として、アピールできる

「第1期 経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース」開催要項

受講推奨者

経営者、後継者、経営コンサルタント、公認会計士・税理士及び会計事務所職員、
他士業、生保営業、金融機関担当者等事業承継に関わる業務の方

講師

㈱アールイー経営 代表取締役 嶋田利広(オンライン動画も担当)

開催日程

2020年6月6日10:00~18:00

会場

〒101-0054 東京都神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクエア(本館)

【経営承継戦略アドバイザー検定 初級受講証明書】発行

(アルミ製名刺サイズ)名刺、Webへ掲載可能

受講料(オンライン教材込み)
  1. 一般 100,000円(税別)/名
  2. 会員  80,000円(税別)/名(会員は、SWOT検定 初級 中級 受講者)
  3. 特別  60,000円(税別)/名(特別会員は、SWOT検定マスターコース受講者個人)

教材『事業承継『可視化』ノウハウ研修用オンライン講座』(7万円)+テキストを支給
※初級資格のブラッシュアップの為、年に1回の資格更新研修があります。半日~終日の講習とロープレ。
  受講料は40,000円(税別)/名。教材はありません。講師は嶋田又はマスターコンサルタントが行います)

経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース カリキュラム 

時間 実施内容

9:45

開場 受付

10:00

オリエンテーション 

10:10

第1講【経営承継ビジネスで差別化するポイント】
 ●差別化できる「可視化」のメリット
 ●現経営者、後継者の仲介・橋渡し機能
 ●可視化後、経営承継顧問に展開
 ●「可視化」の技術のポイント(ヒアリング+文字化)

11:00

休憩

11:10

第2講【生保営業、金融機関の経営承継アプローチ方法】

11:50

第3講【事業承継50のチェックリスト】解説
 ●現認ヒアリングの仕方
 ●現状書き込みの仕方

12:50

昼食休憩

13:50

第4講【事業承継10か年カレンダー】の解説
 ●事例を見ながら書き方・進め方
 ●カレンダー入力上の注意点

時間 実施内容

14:20

第5講【SWOT分析を使った中期経営計画】の解説
 ●事業ドメイン・中期経営戦略を決めるSWOT分析(クロス分析)の使い方
 ●中期経営計画フレームへの反映の仕方

15:10

第6講【役員役割責任・権限移譲計画】の解説
 ●役員の役割責任の明文化までの段取り
 ●会長、社長の職務権限移譲計画の進め方

15:40

休憩 グループ別に席替え

15:50

グループ別 名刺交換 自己紹介

16:10

ワーク【経営承継可視化のプレゼントーク型決め】
 ●フォームに沿ってトークパターンを決める

16:40

グループ別 【プレゼンロープレ】
 ●社長役、プロモーター役、オブザーバー役に分かる
 ●実際にPCで事例を見せて解説しながら営業トークを経験
 ●1人10分で振り返り5分、輪番で全員実施

18:00

総括 初級認定書 記念品交付 解散

※進行状況によっては時間帯は変更する場合があります。

経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース オンライン教材

嶋田が専用に録画したノウハウ講義動画。合計270分で丁寧に解説 
【事業承継の『可視化』ノウハウ研修用動画】(一般販売では売価7万円(税別)の教材です)

NO オンライン動画名 収録時間 コンテンツ

1

【プロローグ】事業承継「可視化」

約30分

事業承継の5つの「見える化」のポイントを解説。それぞれの「見える化」「可視化」ができることで、どんなメリットがあるかをワンポイントで整理

2

事業承継50のチェックリストによるチェックノウハウ

約60分

承継を円滑に進める為の一族対策、内部対策、外部対策を50項目について詳細に解説。このチェックリストの結果により、「事業承継10か年カレンダー」の記載内容も変わってくる。また承継後に「後顧の憂い」を無くす事前の対策一覧として活用可能

3

事業承継10か年カレンダーの作成指導ノウハウ

約30分

承継時期の明示、10か年の各役員の役職予定及、承継後の後継者時代の幹部の役職予定、承継後の事業方針、事業戦略の具体策、株・退職資金対策の10か年予定を1枚で網羅。経営者と後継者が一緒に協議し目標の一元化が進むノウハウ。

4

SWOT分析指導による中期経営計画作成指導ノウハウ

約40分

承継前から後継者を中心に向こう5年程度の事業の選択と集中、差別化対策をSWOT分析を通じて明確にして、それを中期ビジョン・中期計画として明文化する指導ノウハウ

5

会長、社長、取締役(同族、非同族)の役割責任の明文化指導ノウハウ

約30分

承継後の会長を含む各役員の業務責任範囲と実行具体策を文書化し、「誰の責任か」を明確化する指導ノウハウ

6

事業承継5つの【可視化】指導工程表と具体的な指導サポートノウハウマニュアル

約65分

①「事業承継50のチェックリスト」

②「事業承継10か年カレンダー」

③「中期経営計画」

④「取締役の役割責任一覧」

⑤「職務権限移譲計画」

この5つの「可視化」を、6カ月間で10回の訪問指導、延30~40時間でクライアントとともに作り上げて行く為の指導内容、準備内容を作業工程表として、詳細に解説。

想定している会計事務所が行うコンサルティング料は50~100万円。

また、料金に相応しい「事業承継コンサルティング報告書」の体裁やページ数、記載内容も紹介

経営承継
写真はイメージです