Image

 国内唯一の『SWOT分析スキル検定』のプロ向け研修です。

  • 経営コンサルタント、会計事務所、社労士、経営指導員やスーパーバイザー、金融機関の融資担当者
  • 経営コンサルタント、会計事務所として、自身の「USP」(独自のウリ)を決めたい方
  • クライアントの経営戦略づくりに具体的に貢献したい方
  • 経営計画・経営改善計画を作成する際、数値目標の具体的な根拠を明示したい方

講師は、経営コンサルタント歴35年、「中小企業のSWOT分析の第一人者」と言われた㈱アールイー経営 代表取締役 嶋田利広です。

これまで230事業所のSWOT分析をコンサルティング。累計販売部数5.5万部売れた「SWOT分析専門書シリーズ」6部作は、「SWOT分析のバイブル」と言われる。そのメソッドは海道財務局、九州財務局からの依頼で財務局職員、金融機関の幹部に向けて、「SWOT分析を使った事業性評価の経営計画書」を講演嶋田からRE-経営のSWOT分析を学んだ認定支援機関の会計事務所は40以上。

講師:嶋田利広
0011.jpg 0010.jpg 0001.jpg 0009.jpg

 

22046673_1428270780613099_770256432537489056_n.jpg 0002.jpg 0003.jpg 0004.jpg 0005.jpg

SWOT分析スキル検定 中級講座 10のメリット

 

現在、SWOT分析は「コロナショック」での企業再生や経営改善、そして金融機関が求める事業性評価対応の「経営計画書」の「根拠戦略」や「事業の選択と集中」の具体策を捻出する「メソッド」として脚光を浴びています。

「中級講座」で(認定SWOT分析コンサルタント)になるとは、その専門家になり、それを対外的にアピールできる事を意味します。

  1. SWOT分析を「コンサルティング商品」として、差別化の武器にできる
  2. クライアントの商品開発、新規事業の可否判断、撤退縮小や、顧問契約までのポイントが分かり「コンサルタント」として具体的に関与できる
  3. 戦略立案検討時の進め方や、検討会時のファシリテーション技術を習得 できる
  4. SWOT分析から経営改善計画書作成の流れが理解できる
  5. SWOT分析事例の解説ができ、受注や提案の為のプレゼンが上手くなる
  6. 15社の事例解説を何回もオンライン講座で継続的に受講できる
  7. SWOT分析メソッドを使った戦略立案のセミナー講師ができる
  8. 自分のSNSやブログ、メルマガに学習したSWOT分析コンテンツが掲載できる(出展先明記の上) 
  9. 名刺やホームページにRE-経営の認定として【認定SWOT分析コンサルタント】と書ける
  10. リモートコースの場合は2日間の東京研修の必要がなく、自分の自宅や事務所で受講可能
  11. リモートコースの場合は嶋田が直接終日かけて行う「zoomによるSWOT分析ロープレ個別少人数レッスン」がある

 (純金製会員証を進呈)

【認定SWOT分析コンサルタント】会員証(純金製)

SWOT分析スキル検定 受験者の声

 

【SWOT分析スキル検定初級】を受講しました。今までは聞きかじり程度の知識しかなかったですが、SWOT分析の基本から学び、「機会」「脅威」「強み」「弱み」の引き出し方の奥の深さに多少驚いています。
次は中級を目指していきたいと思っています。

東京都 経営コンサルタント

元々嶋田先生の「SWOT分析」は本などを通じて知っていたので、ある程度は下知識の上で参加しました。やはり、経験数の違い、切り口の違い、トークの違い、固有名詞へのこだわりなど本では伝わらないいろいろなテクニックを知り、感銘しました。

大阪府 税理士法人 副所長

事前に頂いたオンライン講座である程度学習できましたが、やはり生の1日セミナーで聴いた事例やスキルは強烈なインパクトでした。初級編でしたが、即コンサルティング現場で使えそうな技術満載でした。ありがとうございました。中級も検討中です。

神奈川県 コンサルティング会社社長

結局,SWOT分析はコーチングやファシリテーション技術で決まるということを学びました。ロープレでも、自分の質問力のなさに不甲斐ない思いも経験しました。中級ではロープレ主体と聞いたので、是非トライしたいと思います。

福岡県 会計事務所監査課課長

今後のビジョンや戦略を決める為に「SWOT分析」が有効だと思い、「SWOT検定」を受講しました。自社の「強み」の引き出し方や「機会」のニッチ市場の見つけ方のヒントは、そのまま当社の参考になるものでした。この情報を持ち帰り、社内の幹部を中心に再度「SWOT分析検討会」を行う予定です。大きなヒントをありがとうございました。次回は中級検定の方も後継者と一緒に参加する予定です。

石川県 製造業 社長

「SWOT分析スキル検定 初級講座」を受講して、SWOT分析が企業戦略に使えるツールだと、改めて確信しました。まだまだ、SWOTの進め方を分かってない部分があり、自信を持って提案できてないのが現状です。検定での、ロープレは、同じ班に同業種の方もいて、とても参考になりました。

東京都 経営コンサルタント

関与先の経営計画書を指導する際に、SWOT分析スキルが必須と日ごろから感じています。ただ実際にSWOTを使いこなしている方は身近におらず、嶋田先生が東京で公開研修をすると聞いて、参加しました。やはり、実践でやられている方のメソッドは、リアルだと痛感しました。中級検定も前向きに考えます。

東京都 税理士

講義の中で時折、嶋田先生のコンサルティング現場の話や実例がとても参考になった。先生の「長期顧問契約」のヒントは即実践したいと思った。自分SWOTのワークでは、自分に戦略性の欠如を改めて知らされた。これでは医者の不養生だと情けない思いになった。

東京都 経営コンサルタント

講義の中で時折、嶋田先生のコンサルティング現場の話や実例がとても参考になった。先生の「長期顧問契約」のヒントは即実践したいと思った。自分SWOTのワークでは、自分に戦略性の欠如を改めて知らされた。これでは医者の不養生だと情けない思いになった。

東京都 経営コンサルタント

 

各料金に関して「カゴに入れる」ボタンで確定して決済を完了してください。

  • 一般 220,000円(税別):一般とは、初めて受講される方(ただしSWOTの基本知識のある方)
  • 会員 200,000円(税別):会員とは、各種公開セミナ-・プレセミナ-受講者
  • 特別 180,000円(税別):特別とは、SWOT分析スキル検定、経営承継戦略アドバイザー検定の受講者(オンライン含む)
  • リモートコース 150,000円(税別):リモートコースの場合、一律150,000円(税別)但し、この価格は2020年12月末までのお申込限定です。2021年1月から一律180,000円(税別)となります。

今回はリモートのみの開催です。

course price midle001

中止

course price midle002

中止

course price midle003

中止

course price midle002

ご紹介者がいらっしゃる場合はご紹介者名をご記入ください。


 

注意

新型コロナウイルスの感染拡大で集合型研修の開催が当面困難であると判断し、リモートによる検定(オンライン動画とzoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスン)に切り替えました。Zoom会議システムとオンライン動画が基本となりますのでご了承ください。

SWOT分析スキル検定 中級 講座の概要とカリキュラム

 

●受講推奨者:
【SWOT分析スキル検定 初級講座】受講者、SWOT分析コンサルタント養成講座実務編・事例編受講者、他SWOT分析実務経験者
●講座概要:
2日間スクーリング及びオンライン動画での受講
●募集要員:
10~20名
●講師  :
㈱アールイー経営 代表取締役 嶋田利広
※講座の日程や場所によりメイン担当が変わる事もあります。
●開催日程:
リモートコースの為、オンライン受講は随時。ZoomでのSWOT分析ロープレは日程は「カリキュラム」の下に記載しています。

●開催会場:
ちよだプラットホーム
東京都千代田区神田錦町3丁目21
(集合型検定は中止になりました)
●認定証授与:
【認定SWOT分析コンサルタント】氏名入り認定証
(名刺サイズ)(純金製)贈呈
●受講料 :
オンライン教材込み
一般 220,000円(税別) (一般とは、初めて受講される方(ただしSWOTの基本知識のある方)
会員 200,000円(税別)(会員とは、各種公開セミナ-・プレセミナ-受講者)
特別 180,000円(税別)(特別とは、SWOT分析スキル検定、経営承継戦略アドバイザー検定の受講者(オンライン含む)
リモート検定の場合  一律150,000円(税別)但し、この価格は2020年12月末までのお申込限定です。2021年1月から一律180,000円(税別)となります。

 

※検定後にブラッシュアップ研修又はロールプレイング研修を開催する事があります。開催する場合は、HP・Facebook・ブログ・メルマガ等で告知をさせて頂きます。

 

 

 中級2日間カリキュラム

集合型検定。リモートコースの場合はオンライン受講とzoomロープレの為下記カリキュラムはありません

【SWOT分析スキル検定】中級スクーリングカリキュラム 1日目

 

【SWOT分析スキル検定】中級スクーリングカリキュラム 2日目

 

 

リモート検定の場合、上記の集合型カリキュラムではなく、オンライン教材講義の提供と「zoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスン」が主体となります。

「zoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスン」は人気の企画で、嶋田が少人数グループで徹底個別指導するカリキュラムです。
詳しくはこちらをご覧ください。

https://re-keiei.com/blog/swot/1265-swot-swot-2.html

 

 SWOT分析スキル検定中級講座

集合型検定及びリモートコースの場合も同じ動画教材

充実のオンライン教材とノウハウテンプレートで、学習をサポートします。

『SWOT分析コンサルタント養成講座 実務編』13講義(275分)のオンライン動画と現場で使えるテンプレート、実例記入付データ39ファイル

『SWOT分析コンサルタント養成講座 事例解説編』15講義(450分)のオンライン動画と「SWOT分析記入例」PDFデータ

(受講者にはIDとパスワードを発行します。このオンライン動画は1年間視聴可能です。)

 写真はイメージです

 

 

 

「SWOT分析コンサルタント養成講座 実務編」の13講義内容

 

「SWOT分析コンサルタント養成講座 実務編」の13講義内容

 

 

「SWOT分析コンサルタント養成講座 実務編」掲載データ(ダウンロード)

 

このデータがあれば、そのまま加工修正が簡単で、PCに保存すれば、そのままコンサルティング現場で活用できます。

 

『実務編』掲載のデータCDの内容

データCDの内容

 

 

「SWOT分析コンサルタント養成講座 事例解説編」の15講義内容

 

「SWOT分析コンサルタント養成講座 事例解説編」の15講義内容

 

※リモートコースは、リアル体験が出きる「zoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスン」があります。

 ●3~5名の少人数でzoomを使って、嶋田が直接指導する「SWOT分析ヒアリングと入力ロープレ」を行います。

●まず、嶋田がSWOT分析コンサルタント役になって実際のヒアリングや質問、入力状況を見る「模擬ロープレ」を見る事ができます(ここで大体の流れや運営、質問、落とし込み方をリアルに学びます)

●その後、それぞれが社長役、SWOT分析コンサルタント役を複数回経験します(機会、強み、積極戦略までをヒアリングや質問しながらシートへ記載)

●またロープレ後は他のメンバーから感想やアドバイスが貰え、更に自分のロープレの録画をデータで配信されるので自分のヒアリングや質問、書き方の課題は具体的に明らかになります。

●SWOTコンサルタント役が2回目になると、1回目の経験は活かされ、少しずつ上手になっていくのも「zoomロープレ」の成果です。

本番のSWOT分析への抵抗感がなくなるのが、このzoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスンです。

各料金に関して「カゴに入れる」ボタンで確定して決済を完了してください。

  • 一般 220,000円(税別):一般とは、初めて受講される方(ただしSWOTの基本知識のある方)
  • 会員 200,000円(税別):会員とは、各種公開セミナ-・プレセミナ-受講者
  • 特別 180,000円(税別):特別とは、SWOT分析スキル検定、経営承継戦略アドバイザー検定の受講者(オンライン含む)
  • リモートコース 150,000円(税別):リモートコースの場合、一律150,000円(税別)但し、この価格は2020年12月末までのお申込限定です。2021年1月から一律180,000円(税別)となります。

今回はリモートのみの開催です。

course price midle001

中止

course price midle002

中止

course price midle003

中止

course price midle002

ご紹介者がいらっしゃる場合はご紹介者名をご記入ください。


 

注意

新型コロナウイルスの感染拡大で集合型研修の開催が当面困難であると判断し、リモートによる検定(オンライン動画とzoomによるSWOT分析ロープレ個別レッスン)に切り替えました。Zoom会議システムとオンライン動画が基本となりますのでご了承ください。