経営承継戦略アドバイザー検定 初級講座 開講

乱立する事業承継ビジネス

 

多くの団塊世代の経営者が75歳を迎える「2025年問題」、事業承継期に入った企業、後継者不足でM&Aを検討している企業、後継者もいなくM&Aもできず廃業を考えている企業…そこにいろいろな業態がビジネスチャンスを狙っています。

red ocian

実際の事業承継期に入った同族経営での経営者、後継者のニーズとは?

 

現経営者の不安

「後継者が社長になって経営がうまくいくか」

「どんどん複雑になる経営環境でどんな戦略を展開するのか」

「後継者に人材がついてくるか。組織が混乱しないか」

後継者の不安

「現社長は自分にどこまで任せてくれるのか、どこまで口出しすべきか」

「自分の時代の幕開けは誰にすべきか。小山間部はどう処遇すべきか」

「これからの独自性のある経営戦略はそうすべきか」

 

経営者・後継者の真意は「一般的な事業承継」だけではなく、

「経営戦略・権限移譲計画などの経営承継」の提案を求めている

事業承継ビジネスで経営者、後継者の思いを具体化したいなら、6スキルが不可欠

  • 「後継者の精神・知識・行動変革の為の具体的な育成手法の習得」
  • 「人・物・金・管理・戦略まで一目で分かる長期(10年)経営承継計画づくりノウハウ
  • 「承継前後の具体的な経営戦略(今後の儲かり戦略)立案スキル」
  • 「後継者時代の組織・人事計画、次期幹部の役割責任明文化提案」
  • 「経営者、後継者から具体的なアイデア、意見を掘り下げて聴きだす質問力」
  • 「すべてのヒアリング結果を文字化・文書化・要約化・フレーム化する技術」

この6大スキルを習得して頂く為に『経営承継戦略アドバイザー検定』が発足しました。

本検定のメイン講師である㈱RE-経営 代表取締役 嶋田利広です

本検定のメイン講師である㈱RE-経営 代表取締役 嶋田利広です

これまでコンサルタント歴33年、360社のコンサルティング、25社に対して「10年以上の経営承継顧問」をしてきた経験から、【経営承継の可視化】を普及に努めています。

実際に「経営承継の可視化ノウハウ」を実践に使うので、10年以上続く長期継続コンサルティング先の比率が高いといえます。

「中小企業のSWOT分析の第一人者」と呼ばれ、SWOT分析を使った経営戦略立案支援を200事業所に対して実施し、SWOT分析関連書籍も4冊上梓(累計販売部数4.5万部)

国内唯一の「SWOT分析スキル検定」を主催。また「経営承継可視化戦略」を2019年出版

経営承継「可視化」戦略 SWOT分析による経営改善計画書作成マニュアル SWOT分析 コーチング・メソッド 経営承継を成功させる 実践SWOT分析

 

リーダーシップが変わる9週間プログラム

shimada

日経アソシエ「ビジネスプロフェッショナルの教科書」で唯一SWOT分析カテゴリーの教材として、紹介されました。

51BpjK9loZL. SX373 BO1204203200

「経営承継戦略アドバイザー検定 初級講座」で学ぶことで発揮できる【8つの効果】とは

  1. 事業承継に関する現経営者、後継者の不安や曖昧な箇所を「可視化」する事で、双方のベクトルを合わせる調整役ができる
  2. 現経営者と後継者が、共通の方針、目標、行動計画、役割責任を持つため、全ての議論を「文書化」「文字化」「図形化」するので、双方の「生き証人」となる
  3. 「可視化」する事で、現経営者、後継者双方が内容を理解しやすく、感覚の違いなどの誤解を防止できる
  4. 可視化(文字化・文書化・要約化・フレーム化)された各種の計画、規約、ルールから、継続的なモニタリングができる(経営承継顧問ができる)
  5. 承継前でも後継者がいる段階から、可視化コンサルティングや指導ができる
  6. 経営承継可視化指導の専門家に認定を得たという事でホームページなので公開できる
  7. 一般の事業承継とは違う切り口で、セミナー開催やブログ、SNSでのコンテンツ公開ができる
  8. 既に他の同業者(税理士、生保、FP、コンサルタント等)が見込み客にいても、セカンドオピニオンとして入る事もできる

経営承継「可視化」を指導する 「経営承継戦略アドバイザー検定」のノウハウ習得事項

  • 事業承継50のチェックリストによる現状認識
  • 経営承継10年カレンダーの作成でロードマップの一覧化
  • SWOT分析を使った中期経営戦略・計画を指導
  • 会長、社長、同族、非同族役員幹部の役割責任の文書化
  • 経営者から後継者への職務権限移譲計画の明文化
  • 創業者の経験、経営判断基準の具体的明文化
  • 経営計画・承継計画の進捗、経営課題のモニタリング

一般の会計事務所、生保営業、金融機関などの「事業承継」の提案とは全く違う角度のノウハウとコンテンツを提供できる人材が

経営承継戦略アドバイザーである

「経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース」とは

  • 経営者、後継者と協議しながら、経営承継の「可視化」を第3者として「文字化」「文書化」「図形化」するスペシャリストになる為の基礎知識を身につける
  • 経営承継の『可視化』を知識と実例を学習し、ファシリ テーション技術と使って、現経営者、後継者の合意形成を支援する知識を習得する  
  • 「実例」を見せながら、受注の為のロールプレイングを通じて、実際の提案活動に活かす
  • 経営承継の「可視化」実例やツールを活用する権利を有し、現場で実践できる
  • 「経営承継戦略アドバイザー検定」初級合格者は、「経営承継」「組織承継」「戦略承継」を専門研修を履修したことを、アピールできる

経営承継可視化セミナー受講者の声 

 東京 マーケティングコンサルタント会社 社長

anq01

東京 人材派遣会社 社長

anq03

 宮城県 税理士

anq04

神奈川県 コンサルタント会社社長

 anq05

長野県 会計事務所 所長

anq06

福井県 生命保険代理店

anq02 

「第1期 経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース」 開催要項

受講推奨者:経営者、後継者、経営コンサルタント、公認会計士・税理士及び会計事務所職員、他士業、生保営業、金融機関担当者等事業承継に関わる業務の方

  • 講師:㈱アールイー経営 代表取締役 嶋田利広(オンライン動画も担当)
  • 開催日程:2019年8月28日㈬10:00~18:00
  • 会場:〒101-0054 東京都神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクエア(本館)
  • 【経営承継戦略アドバイザー検定 初級受講証明書】発行(アルミ製名刺サイズ)名刺、Webへ掲載可能

card
受講料(オンライン教材込み)

一般 100,000円(税別)/名

会員  80,000円(税別)/名(会員は、SWOT検定 初級 中級 プレ体験会受講者)

特別   60,000円(税別)/名(特別会員は、SWOT検定マスターコース受講者個人)

※教材『事業承継『可視化』ノウハウ研修用オンライン講座』(一般売価7万円)+テキストを支給

※初級資格のブラッシュアップの為、年に1回の資格更新研修があります。半日~終日の講習とロープレ。

※受講料は40,000円(税別)/名。教材はありません。講師は嶋田又はマスターコンサルタントが行います

経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース カリキュラム

sch001
sch002

経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース オンライン教材

嶋田が専用に録画したノウハウ講義動画。合計270分で丁寧に解説

事業承継の可視化ノウハウ研修用動画(一般販売では売価7万円(税別)の教材です)

Image
画像はイメージです