Image

単発・低単価コンサルティング契約の悲劇

コンサルタントにとって「生産性の安定」こそ、「良いコンサルティングを続ける条件」といえます。もし、あなたが、こんな状況にあるなら、このページには多くのヒントがあります。

  • いつも新規受注に追われる
  • 1社解約されたら、途端に生活が厳しくなる
  • 単発の研修やプロジェクトが多く、次につながらない
  • 経営顧問料が、数万円と安い割に、いろいろ要望を言われ、「貧乏暇なし」状態だ
  • 講演依頼は受けているが、低価格から抜け出せない
  • 独自セミナーでの集客が厳しい
  • 収入が安定しないので、高額研修の参加やツール購入の勇気がでない

コンサルタントとして安定した高生産性を維持している方は、実はこのような心配や不安がありません。

 

Image

高単価で売上安定のコンサルタントに共通していること

「年間1000万円以上の安定収入」を維持しているコンサルタントや中小企業診断士、他士業の方に共通していることがあります。

それは、「高単価経営顧問を複数持っている事」しかも、その顧問先が10年位は維持できているという事です。

普通の経営顧問といえば、「5万円/月」程度で、作業や面談で相当数の時間をとられ、結構忙しそうにしている方がいます。

時間単価を計算すると分かりますが、低い生産性とは、実際のコンサルティングに掛かる時間、準備時間、移動時間も含めて、最低1.5万円/時は欲しいところです。

しかし、時間単価数千円の人も珍しくありません。

できれば、10万円以上/月、そして指導回数は1回(数時間)を10社持てば、100万円/月の安定顧問収入です。

では、高単価経営顧問を長期間維持できるコンサルタントは何をしているのでしょうか?

  • コンサルタントとしてのブランディングをしている(〇〇分野で圧倒的な強みのイメージを演出している)
  • 飽きられない経営会議を主導している
  • 口だけのアドバイスではなく、具体的にアウトプットを出している
  • 経営課題別のいろいろな引き出しを見せている
  • 経営者だけでなく、後継者、社長夫人、役員幹部に対しても円滑な関係を維持している
  • 経営者、役員幹部から課題を引き出す「質問力」「ヒント力」がある
  • 後継者の時代まで考えた経営戦略や経営計画を指導している  等々

要は、「ノウハウや知識の切り売り」だけで、「高単価経営顧問」を維持している訳ではないのです。

Image

低単価顧問・単発コンサルティング依存状態が続くと・・

 怖い話だが、「コンサルタントが現実の収入の厳しさに追われると、様々な問題点と向き合う事」になります。

そして

  • 疲れているし、作業もしたいのに、電車や飛行機での移動が自由席やエコノミーしか乗れない
  • 欲しいコンサルティングツールがあっても、高額だと二の足を踏み、購入できない
  • 大都市で開催される高額のノウハウセミナーに参加したいが、なかなか受講できない
  • 下手に営業をすると、地元の零細企業ばかりになり、低単価、手離れに悪い仕事ばかり増える
  • JV(ジョイントベンチャー)や下請でのプロジェクトには参加できても、ネクストが発生しない
  • 格好よくコンサルタントと名乗っているが、その実は生活が大変な状況で、副業をせざる得ない
  • 営業の仕方が卑しくなり、知り合いの経営者や見込み客が離れていく
  • 自分のコンサルティングの差別化や独自化の学習ができず、どんどん悪い方へ向う  等々
Image

もし、あなたが「高単価・10年経営顧問」に直結する2つのコンサルティングテクニックを習得できれば・・・

あなたが前述のような状態にならない為には、またこれから「コンサルタント起業」を目指す方が、「低単価・単発コンサルティング」に翻弄されない為には、

2つのコンサルティング技術を習得すれば、「コンサルタントとしてのブランディング」と「高単価経営顧問」が実現します。

実は、私(㈱アールイー経営代表嶋田利広)は、この2つのノウハウで、これまでのコンサルタント人生の中で、33年間連続して2000万円以上の「経営顧問収入」を得ています。
しかも、このノウハウを学習した仲間も同じような結果を出しています。

その2つのコンサルティングテクニックとは、

SWOT分析コーチングメソッドを使ったコンサルティング 経営承継可視化コンサルティング

SWOT分析コンサルティングは、現在もっとも注目を集めている経営戦略立案ツールの一つです。金融機関の融資の際にも、事業性評価への比重が高まり、その論拠として「SWOT分析」が益々活用されています。

更に「機会」と「強み」を掛け合わせたものを「積極戦略」と呼び、そこにその企業独自の戦略やオリジナル具体策を導き出すものです。

高単価経営顧問
  「中小企業のSWOT分析の第一人者」と呼ばれ、これまでにSWOT分析書を5冊出している私が開発した「実践SWOT分析ノウハウ」として、当社独自の仕組みを既に4万人の方に学習されています。
この手法を使う事で、中小零細企業の経営戦略づくりに深く入り込めて、企業の将来ビジョンづくりに参画できます。
だから、「長期の経営顧問」になりやすいのです。

SWOT分析を学んだ方の感想

経営顧問の契約を結べました!
提供できる価値が別次元に!

アイソス株式会社 ISO認証コンサルタント 田中修司様

嶋田先生の講座に参加したことは大正解でした!
私は嶋田先生のことを知る以前から既存のSWOT分析方法を用いて顧問先のリスク課題を抽出していました。
そんな中、嶋田先生の著書と出会い先生の推奨するSWOTクロス分析を取り入れてみたところ、顧客から想像以上の高評価をいただき衝撃を感じました。
と言いますのも、当時私が行った嶋田先生のSWOT分析は本に書いてあったものを見よう見まねでやってみたものだったからです。とてもプロのレベルと言えるものではなく、どうしても自分流の域の範疇のものでした。
顧客には満足してもらえているものの、私の心の中では「本当はこんなもんじゃないのに。」というモヤモヤが広がっていました。
そんな時にインターネットで嶋田先生の勉強会のことを知り、「経営者と経営戦略の話題でコーチングやファシリテーション技術を身につけることができる」という点に興味を持ったことと、既に先生の手法で顧客から好評価をいただき内容は間違いないものだと確信していたこともあって迷わず参加しました。
これが本当に素晴らしかった!
これまでにも様々なセミナーに参加してきましたが、ここまで濃密なものは初めてでした。
「経営者は何を求めているのか?」そして「経営者の期待に応えるためには具体的にどうしたらいいのか?」といったことを実践形式で分かりやすく教えていただける講座は他にはありません!
実際に、経営顧問の契約を結べるようになり、講座を受講する前と比べると別次元の価値をお客様にご提供できるようになりました。
もし、自身の付加価値を高め中小企業の経営者の力になりたいという思いがある場合は、ぜひSWOT分析スキル検定 初級講座を受講してみてください。
SWOT分析の第一人者である嶋田先生の教えは、必ずあなたの大きな力になってくれると自信を持ってオススメします!

Image

税務顧問料に加えて
経営顧問料も頂けるようになりました!

税理士法人れいめい 税理士 日髙大作様

これまで顧問先に時間をかけて経営計画書の作成支援などを行っていましたが、計
画書が出来上がってもなかなか行動してもらえず、結果、顧問先の経営改善が進ま
ないことで悩んでいました。
そんな時に嶋田先生のSWOT分析の存在を知り、「その会社の強みと機会をクロスした戦略は、経営者が納得でき、具体的な行動計画ができる」という点に興味を持ったことで講座に参加してみました。
これまでにも様々なセミナーに参加してきましたが、嶋田先生の講座は生の現場の話がこれでもかというくらい詰まっていて、他の机上の空論のセミナーとは天地の差があるほど充実した内容でした。
「経営者の頭の整理し具体化することの大事さ」さらに「経営者の期待に応えることで高額な顧問料がもらえる」といったことを実践形式で分かりやすく教えていただける講座はこれまで受講したことがありませんでした。
受講後、新規契約だけでなく、既存顧問先においても税務顧問料にプラスして経営顧問を契約できるようになり、講座を受講する前と比べ、経営者面談の中身が変わり、新たな経営顧問としての価値をお客様にご提供できるようになりました。
これからは税務だけでは顧問料を上げていくのは厳しいと思います。
SWOT分析スキル検定は顧問先に対し新たな提案とベネフィットを生み出す講座なので、必ず今後のあなたの大きな力になってくれると自信を持ってオススメです!

Image

専門分野のスキルアップだけでなく
経営戦略にまで寄り添えるようになりました!

上市社会保険労務士事務所 社労士 上市真也様

日頃、中小企業さんの人事労務に関する相談を受けています。
最近、多い相談は人手不足です。求人をかけても、集まらない。そこで、求人票の見直しをします。その際、「他社にはない御社だけの特徴や強みは何ですか?」と伺っていました。積極的に特徴や強みを、求人票に載せて、アピールしようというわけです。
ところが、そう尋ねても、「特に、特徴や強みなんてないですよ。普通ですよ。」って返事ばかりです。これじゃ、求人票の見直しが進まないってことが、多かったです。
そんなとき、目に止まったのが「SWOT分析スキル検定 初級講座」でした。この手法なら、会社の特徴や強みを聞き出せると思い、受講しました。
最初の目的は、特徴や強み活かした求人票の見直しでしたが、SWOT分析の話をしていくと、いつの間にか、これからの経営戦略の話になっているの気付きました。これは、教えるというよりも相手から引き出すという、ファシリテーションの技術を講座で学んだからこそ、できるようになったことでした。
今後は、ファシリテーション技術を活かしSWOT分析を通じ会社の経営戦略に寄り添う社会保険労務士となることを考えています。

中小企業の頼れるパートナーとして経営者と関わりたいと思っている方には、是非お薦めです。

 社労士 上市真也様

顧客数アップ、報酬アップなどの
課題をお持ちの方に
自信を持ってオススメします! 

株式会社エイチ・コンサルティング 中小企業診断士 川﨑英樹様

経営コンサルタントが、クライアントの経営診断をして報酬をもらう時代は終焉しました。
すなわち、的確な現状認識に基づいた経営戦略の立案が必要不可欠であり、クライアントはそこに価値を求めます。
さらに言えば、伴走型で戦略実行を支援してくれるコンサルタントこそ、時代が求める姿なのだと確信しています。
嶋田先生の「SWOT 分析初級講座」は、これからプロコン(稼げる経営コンサルタント)を目指す方々にとって、登竜門と言えますSWOT 分析を使いこなし、実行優先順位を探求して実行戦略を明確にできるノウハウを習得できま
す。
中小企業診断士として、日々中小企業の経営の現場で活動するにあたり、とても役に立つ手法です。私も理論ではない、実戦型のフレームワークとして習得するために受講しました。
クライアント(経営者)の最初のヒアリング面談局面、経営分析・現状認識局面、コンサルティング企画提案局面、契約クロージング局面などあらゆるシーンで活用できるフレームワークとして推奨します。 具体的で説得力のあるコンサルティング企画書の策定やプレゼンテーションスキルを身に付けることができます。
プロの経営コンサルタントとして報酬が欲しい、報酬アップを図りたい、クライアントを増やしたいなどの課題をお持ちの方には、自信を持ってオススメいたします。

株式会社エイチ・コンサルティング 中小企業診断士 川﨑英樹様

即効性が素晴らしい!!
受講直後からお客様の満足度が
飛躍的に高まりました!

公認会計士・税理士 田中博之様

SWOT分析という分析ツール自体は、以前より、お客様の経営計画をサポートする際に利用しておりました。
しかしながら、中々納得のいく成果につなげることができず、お客様の経営改善にもっと役立つSWOT分析を行うにはどうすればよいかと考えているうちに、嶋田先生のコンテンツに辿り着きました。
その専門性の深さに驚かされるとともに、初級講座で嶋田先生から直接学ぶ機会があると知り、申込みをしました。
講座の内容は、「SWOT分析とは何か」というような教科書的な内容でだけはなく、徹頭徹尾、現場での活用を前提としたものでした。豊富な事例に裏打ちされたノウハウを教わるとともに、受講者間で行うワークを通じて身につけることができました。
講座受講後の実践で、お客様からも非常に満足いただけて手応えを掴んだこともあり、私自身は継続的に嶋田先生から学んでおります。
初級講座ということで、その後には中級講座・マスター講座という上級コースの用意もありますが、初級講座だけでも十分に即効性がありますので、積極的に受講されることをお薦めします。

公認会計士・税理士 田中博之様

このスキルのおかげで、サラリーマンを
定年退職した私でも経営コンサルという
第2の人生を安定して歩んでいけています

SILマネジメントサポート 経営コンサルタント 福島清隆様

私は60歳までサラリーマンをやっておりました。もちろん、人並みにいろいろありましたが、定年退職時点では恵まれたサラリーマン生活だったと総括して終えることができました。
しかしながら、人生100年時代と言われるこれからの時代、実際に00歳まで生きられるかどうかはともかくとしても、年金他で優雅に暮らせる時代ではありません。
まずは80歳までは現役で働けてもいいはずだ、否、90歳越して働けてもおかしくない。しかし、サラリーマンとして働く気は全くなし。これからはコンサルタントとして、自分で時間を調整できる働き方、自分の体力に合わせた働き方が前提になる。そういう考え方が基本としてありました。
私のサラリーマン時代の実績というか、経験として積み上げたものは「物流」です。
だったら今後も物流で、というのが一般的な考え方かもしれませんが、私は物流はあくまでも、自分としては「裏技」、「秘密兵器」として残し、マネジメント全般で業種・業態、規模を問わずにお付き合いできる顧客を開拓し、少ない顧客と深く、長くお付き合いできる状況をイメージして、まずは個人事業主として定年退職と同時に経営コンサルタントで起業しました。
手探りで、興味本位も含めて、諸々のセミナー・研修に参加したり、いろいろなNPO組織に所属してボランティアで活動したり。そういう生活が2,3年続きました。
一社だけ、サラリーマン時代の知己を通して某企業の経営者にお願いして、何とか非常勤の社外顧問を定年直後から務めさせていただいています。
そうした中、以前から「SWOT分析」なるものに関心があり、何かいい書籍はないものかと、探しておりました時、嶋田先生の「SWOT分析コンサルタント養成講座 基礎編」に出会いました。
この出会いをきっかけに嶋田先生の講座に参加させていただき、現在は顧客企業で非常勤の社外顧問として、経営者の相談相手、人材育成、収益改善を主な職務として取り組んでいます。
具体的な私の「武器」の主なものについての説明は割愛しますが、「SWOT&クロス分析」のノウハウは確実に私自身の武器になっています。
これがあるから私は自信をもって顧客企業と接し、新たな顧客開拓に取り組めています。
確固たる実力を備えた経営コンサルタント・経営戦略顧問として、またコンサルタントならずとも、全てのビジネスマンにとって、嶋田先生の「SWOT&クロス分析」で学んだノウハウはあらゆる局面で活用できると思います。
結果として、それが全ての人々のビジネス上の使命である社会貢献にもつながると私は確信しています。
まずは最初の一歩で「初級講座」の受講をお勧めします

SILマネジメントサポート 経営コンサルタント 福島清隆様

いかがでしょうか?ほんの一部の実習者の声です。

SWOT分析技術がいかに、コンサルティングに有効か分かって頂けたと思います。

しかも、一般的なSWOT分析では効果がありませんが、当社の「SWOT分析コーチングメソッドノウハウ」は、経営顧問としてクライアントに必ず役立つノウハウといえます。

次に、故、「経営承継可視化ノウハウ」があると「高単価経営顧問」になるのか?

一般に事業承継といえば、財産相続承継が中心であり、税制面、財務面、法律面の知識や経験が要求されます。しかし、実際には、財産相続承継以外に事について、経営者も後継者も悩んでいる事が多いのです。

それは、「理念承継」「戦略承継」「組織承継」と言われるもので、それらをすべてヒアリングしながら、文字化・図柄化していくのが、「経営承継可視化コンサルティング」です。
経営者は、経営の中で一番重要な、自分の後継問題や後継者育成には、それなりの費用を払います。
また、経営承継可視化ノウハウは、数年単位でモニタリングが必要であり、そのまま「長期経営顧問」につながっていくのです。

Image

では、経営承継可視化コンサルティングとは、どういうものでしょうか?大きく分けて、6つのノウハウになります。

(1)事業承継50のチェックリストによる現状認識

このチェックリスト(相手が答えやすいヒント質問付)に沿って質問し、それを記述すれば、経営承継に向けての課題が明確化(相続税、株価対策などの税務・資金対策は一部だけ)。

(2)経営承継10年カレンダーの作成でロードマップの一覧化

10か年カレンダーは経営者、役員の年齢、将来の役職、経営方針・事業ドメイン、主要幹部の処遇や人事対策、相続税や遺言書などを網羅した総合計画書。これを作る事で将来の在り方が見えてくる。

(3)後継者時代の「独自の経営戦略」を立案するSWOT分析での中期経営戦略・計画を指導

後継者時代の独自の経営戦略をSWOT分析を使って具体化。それを中期経営計画に反映させる。この立て方次第で未来が変わってくる。

(4)後継者時代の会長、社長、同族、非同族役員幹部の役割責任の文書化

後継者の時代にマネジメントをスムーズにいかせる為、会長の仕事、社長の仕事、古参幹部の役割責任などを文書で明確化。

(5)院政をコントロールする経営者から後継者への職務権限移譲計画の明文化

適切な院政の範囲を決め、新会長、新社長の職務権限を年度ごとに移譲範囲を明文化。

(6) 最高の後継者教育 現経営者の経験、経営判断基準の具体的明文化

経営者が後継者にも伝えたい価値観、行動指針、各経営判断基準を後継者と一緒に、会社の歴史とその都度の出来事、学び、失敗、成功から文書化。

Image

これまで、『経営承継可視化ノウハウセミナー』を学習した人は、こんな感想を言っています。

  • 可視化の具体的な資料があり、大変分かりやすく買った
  • 事前動画で何回か視聴していたので分かりやすかった。またロープレでアプローチのポイントが大変参考になった
  • ロープレが思った以上にリアルで、どう説明するか感覚がつかめた
  • 財務コンサルタントの業務内容の一つに経営承継の可視化をカリキュラムに入れます
  • 嶋田先生の話は非常に実務的だった
  • 経営承継の可視化はアウトプットして、見える化を体験できたことが大変参考になった
  • 具体的な内容で大変参考になった。どんどん活用していきたい
  • 経営戦略と組織戦略の切り口からのアプローチでヒントを多く得られた
  • ロープレをする事で社長の気持ちになれた。
  • 大変有意義だった。ロープレもよかった
  • 経営承継可視化の方法、ツールを入手できた。素晴らしい内容だった
  • SWOT分析と共に経営承継を身に着ければ、コンサルタントとして大いなる武器になる
  • 大変、勉強になった。ノウハウをすべて提供くださり、ありがたいです
  • 今抱えている案件の即使える内容でした。

『SWOT分析コーチングメソッド』『経営承継可視化コンサルティング』は、【高単価長期経営顧問】になるための近道といえます。

「中小企業のSWOT分析の第一人者」「経営承継可視化の伝道師」が直接講義

 

株式会社アールイー経営 代表取締役  嶋田利広 

経営コンサルタント歴33年 福岡、熊本、鹿児島を中⼼にこれまで中⼩企業。 病院・介護施設、会計事務所360社のコンサルティングを実施。「中⼩企業のSWOT分析の第⼀⼈者」として これまで延200事業所のSWOT分析コンサルティングを実施。

10年以上の経営承継顧問として25社を指導。現在も15社の顧問として毎月指導。

会計事務所では延べ60事務所へ「SWOT分析ノウハウと経営計画書作成⽅法」の教育研修を実施。また、2018年スタートした「SWOT分析スキル検定」、2019年から「経営承継戦略アドバイザー検定」を主催。 「SWOT分析と経営承継戦略の普及と正しいスキルを持ったプロ⼈材育成」に⼒をいれる。

2017年北海道財務局、2018年九州財務局で職員、管内金融機関向けの「SWOT分析と経営改善計画書」の作り方を講演。他多数の講演実績、延講演時間は2500時間超。

書著は「経営承継可視化戦略」「実践SWOT分析」「パーソナルSWOT分析」他SWOT分析専⾨書 シリーズは累計販売部数4.5万部を超える。他著書多数。

株式会社アールイー経営 代表取締役 嶋田利広
Books

この2つのノウハウを3時間に集約して、セミナーをします

本来なら、2つのノウハウは、それぞれ終日掛けて取り組んでいる内容ですが、今回は要点、ポイントを絞り、『3時間の集中セミナー』で、そのノウハウの奥義をご紹介したいと思います。

そこで、是非こんな方に聞いてほしいと思います。

  1. これからンサルタント起業を考えている方
  2. コンサルタントとして活動し顧問単価を上げたい方
  3. 新規受注のきっかけをつかみたい方
  4. 顧問先の経営に関与したい会計事務所、社労士事務所の方
  5. 法人顧客を持ち、更に接点開発をしたい生保営業、FPの方
  6. 事業性評価としてSWOT分析を学びたい金融機関関係者
  7. 自分のUSPを見つけたいコンサルタントや士業の方
  8. 何らかの形で企業経営に関与している方

 

高単価10年経営顧問コンサルティング ノウハウ実務セミナー 開催要項

●セミナー会場:東京都神田錦町  ちよだプラットフォームスクエア4F

●開催日時  :2019年11月13日(水) 受付開始 18:10  開演18:30  終了21:30

●募集人員  :最大30名

●講 師   :㈱アールイー経営 代表取締役 嶋田利広

●受 講 料 :8,000円(税別)/名(紹介同行される既存受講者の方も同じ料金です)

●受講資格  :メルマガ会員、facebook読者、ブログ読者又は紹介者(既に各種検定受講者は今回はご遠慮下さい。但し、ご紹介者と同行される場合は、受講可能です) 

●受講特典  :30ページのセミナーテキスト 関連講義内容をオンライン動画で提供

セミナーカリキュラム

18:10

受付開始

18:30

第1講「コンサルタント事務所経営」が安定する為のポイント

●低収入のコンサルタントは何を間違えているのか

●高単価10年経営顧問がしている企業との関わり実態とは

●月間150万円の経営顧問が維持する裏テクニック(会議の参加方法、アウトプット、ドラえもんのポケット)

19:10

第2講「SWOT分析コーチングメソッドを使うコンサルティング技術」

●SWOT分析が使えると、企業の将来戦略の支援ができる「経営顧問」へのステップ

●クロス分析の「積極戦略」「致命傷回避撤退縮小戦略」「改善戦略」「差別化戦略」とは

●SWOT分析から、変革した企業の事例

19:50

休憩

20:00

第3講「経営承継可視化コンサルティング」で、長期関係性維持

●経営承継可視化をすると後継者の時代でも、経営者がすべてをコンサルタントに相談したくなる理由(25社10年以上の経営承継顧問の事実)

●経営承継可視化の6つのノウハウと進め方

●経営承継可視化コンサルティングの秘訣(裏テクニック)

20:50

第4講「高単価10年経営顧問」として営業をする為の資格、スキル、実務

●自分ブランディング、USPの作り方

●ホームページ、ブログ、facebook、メルマガとの連動策

●SWOT分析スキル検定 経営承継戦略アドバイザー検定の資格の取り方

21:30

各種案内、閉講 挨拶