mail_maga.png

【社内でSWOT分析をする時のポイント】

社内のメンバー同士でSWOT分析をする時のコーディネーターには、ちょっと違う進め方が必要な場合があります。

コーディネーターやファシリテーターが外部のコンサルタントなどなら、比較的進めやすいですが、

「身内」ばかりで議論する場合、知り過ぎているがゆえに、いろいろなブレーキが掛かります。

しかし、あるポイントを押さえる事で、スムーズに意見が出るようになります。

それは

詳しくはこちら

自社内SWOT分析で意見がバンバンでる秘訣

事業所単位での【SWOT分析スキル検定】受講もおススメです。

単独事業所やグループでの20名以上の方で「SWOT分析スキル検定」を受講したい場合は、

是非「特定組織内派遣型講座」で「SWOT分析スキル検定」をご利用ください。

1人当りの受講費用が40%以上割引になります。

金融機関や会計事務所のグループなどが適しています。

派遣型ですが、「SWOT分析スキル検定初級講座」と同じカリキュラムを実施します。

講師は当社代表の嶋田です。

ご質問、お問い合わせは、メール又はお電話で承ります。

電話  096-334-5777 (事務局 日枝(ひえだ))

メール 

年末年始の営業日について

平成29年12月28日より平成30年1月4日までを年末年始の休業日といたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

「SWOT分析スキル検定」受講のメリット

今回の「SWOT分析スキル検定」を受講し、『初級資格』を得る事には、いくつかのメリットがあります。

1、専門検定を受講した事で「SWOT分析を使ったコンサルティングを学んだ」という自信がつきます

2、民間資格ですが、それでも「受講証明書」があり、「SWOT分析を指導できる専門家」としてアピールポイントになります

3、この検定で学習する「SWOT分析ファシリテーション技術」で、SWOT分析検討会をスムーズに運営するスキルが取得できます

4、知識の範囲でしかなかったSWOT分析を、この検定を学ぶ事で、ビジネスの現場で使ってみようと思うはずです。

5、検定は終日研修ですが、それ以外にオンライン講座はいつでも、何回でも学習できます。オンライン講座は「SWOT分析の基本」や「SWOT分析検討会実務」をたっぷりと講義していますので、復習にも、事前の予習にも使えます

6、実際にロープレをする事で、「SWOT分析現場」を体感でき、更に受講者自身が書いた「SWOT分析結果」の表現や内容を、RE経営で添削してお返しするという、プログラムです。講義だけで終わらないカリキュラムがあります。

7、【SWOT分析スキル検定 初級講座】は、SWOT分析スペシャリストへのファーストステップです。その後、本格的に「SWOT分析」スキルを高め、実務指導者になれい【中級コース(認定SWOT分析コンサルタントコース)】や、その後、更に共同出版まで行い、国内で有数の「SWOT分析のスペシャリスト」になる【マスターコンサルタントコース】まであります。

 

【SWOT分析】を使う市場は今後ますます拡大していきます。

このスキルを持っている経営支援の専門家には、大きなチャンスが生まれていきます。

ビジネスSWOT分析+パーソナルSWOT分析=最強人財誕生

こんにちはアールイー経営の嶋田です。

2018年3月24日(土)から、「SWOT分析スキル検定 初級講座」が始まります。

この検定を通じて、いろいろな課題へ挑戦していきたいと考えています。

今までのSWOT分析は主に、「ビジネスSWOT分析」でした。

つまり、企業内や事業所内の独自の経営戦略や各種差別化戦略を創り出すためでした。

当然、今後も「ビジネスSWOT分析」が中心になると思いますが、問題はその組織を構成している社員や幹部が、その戦略や方向性に対して「その気」になるかどうかです。

そこで、法人や組織の方針や戦略、方向性を進めるにあたり、必要な各ファクターに社員個人の「強み」や「興味」を合致するような具体策が見いだせれば、ベストマッチと言えます。

社員個人も「会社の戦略は方向性の中で、何で社内で優位性や独自性を目指すかハッキリしていない」状況です。

そこに、「パーソナルSWOT分析」の必要性が生まれます。

「SWOT分析スキル検定 初級講座」でも、ビジネスSWOT分析だけでなく、パーソナルSWOT分析についても、ご紹介しようと思っています。

是非、「ビジネスSWOT分析は私には関係ない」と思っている人も、「パーソナルSWOT分析」には誰でも関係するので、この機会に「SWOT分析」を学んでみるのも良いかと思います。